本文へ移動
 
長崎市内、某企業様の寮の駐車場です。
「駐車場なのに芝生敷き?」と思われるでしょうが、実はこちら、緑化駐車場専用の「オクトパーク」という資材を使った特殊な駐車場なのです。
オクトパーク使用の駐車場
「オクトパーク」とは「芝の生えていない人工芝マット」のような形状の強化プラスチック製のマットこれを転圧した砕石の上に敷き詰め、客土を撒き、芝生を敷く、という流れで施工します。
なので、車が乗っても直接芝に圧がかからず、芝生が枯れることがないのです。
オクトパーク
特徴はずばり「自然に優しいエコ商品」。エコマーク認定商品です。
見た目が美しいのはもちろん、夏場の気温上昇抑制に優れた効果があります。
それに加えて、抜群の透水性。
最近はコンクリート製品にも透水性の高い製品が開発されていますが、オクトパークは土→砕石の上にそのまま施工するので、その効果は絶大です。
オクトパーク施工手順
施工後は定期的に、堆肥・芝刈り・目砂追加といった管理が必要ですが、「都市洪水防止、緑化比率向上」が期待できるということで、エコ意識の高い企業様や公共施設を中心に需要を伸ばしている施工方法です。
オクトパーク施工後
都市部では公園の駐車場はもちろん、ショッピングセンターの屋上駐車場などに。
長崎県内では諫早市の海水浴場「結の浜マリンパーク」でも使われています。
 
TOPへ戻る