本文へ移動

樹木のお手入れ方法

〈植え付け移植後の水やりについて〉
植え付け・移植から一年以内の植木は根が定着しておらず、
通常の植木と比べて水分養分を吸い上げる力が弱っているため、管理に十分な注意が必要です。

そのため「こまめな水やり」を行う必要があります。
水やりは、なつは涼しい時間帯に・冬は昼間の時間帯に
株元にたっぷり(1.0m程度の樹木の場合少なくても2L)あげる必要があります。
ホースのシャワー設定の場合、たくさんあげているつもりでも実際の水の量はそう多くなく、
足りていないという場合もありますので注意が必要です!

〈春・秋の水やり〉
植物にとっても過ごしやすく、負担の少ない季節です。
成長のため活動が活発になっている時期でもあります。
晴天が続く場合は、1~2日おきに水やりを行います。

〈夏の水やり〉
猛暑と乾燥で植物が疲れやすい季節です。
水やりが非常に重要な時期となります。
植え付け直後であれば1日2回水やりを行ってください。
水やりの時間帯は、早朝・もしくは夕方に行うことがポイントです。
ホース内に昼間の熱で温まった熱い水が溜まっている場合がありますので、
出始めの水は温度を確認の上水やりを行います。

〈冬の水やり〉
気温が下がり、植物も休眠状態に入ります。
周囲の影響を受けづらくなるため土の入れ替えや、受け替えに最適な時期です。
地面の状態を観察し、乾燥したら水やりを行いましょう。
夕方以降に水やりを行うと、冷たい水が値を痛める恐れがあるため昼間が最適です。

地植えして根が定着した樹木は、水やりにそう神経を使う必要はありません。
日照り続きや猛暑の期間は細かな水やりの必要がありますが、その他は何気なくで良いので樹木を観察し、
変化に気づいてあげれるようにすると良いでしょう。
また花・実の付きが悪くなったという場合は専用の肥料がありますので、追肥してあげると良いでしょう。
TOPへ戻る